img:結婚式二次会,福岡,ワインバー,バスク豚,グルメ,パスタ,ピザ,カチョエペペ,生パスタ,夜景,中洲,二次会,春吉,イタリア語,サルティンボッカ,ファンタジスタ,カルボナーラ,リモンチェッロ,ティラミス,キャナルシティ,オークラ,イルパラッツオ,5th,MITSUBACHI,ハイアット イタリア!イタリア! | Cacio e pepe Blog

Cacio e pepe Blog
(現在は春吉は営業していません)

| ブログのメニュー | コメントありがとう | お世話になってます | カチョエペペについて | カレンダー |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
ローマでマイミクさんと晩ご飯〜その2 11:45
ローマに在住のミクシィ友達のお家におよばれすることに。

とりあえずはホテルの朝食。




イタリアの安宿に泊まれば、朝はこんな感じ。

甘いパンとすごく苦くて濃いインスタントコーヒー、
飲んでも大丈夫かな・・・と少し不安になるミルク
ジュース、ヨーグルトなど。


晴れているのでぶらりと写真を撮ってまわることに。








テルミニまでぶらぶらして駅のカフェに。



またホテルまでもどり、セルジオの店でプランツォ。
これは娼婦のパスタ。



ポークのブラチオーラ。

炭火ではなくソテーのタイプ。



ピアッツアナヴォーナにいくと、
ちょうど銅像風のおっちゃんがポーズをとっていた。




さて、夕方からメトロで待ち合せ。

マイミクさんよりも先に、その彼氏に遭遇。

おうちへGO!



キッチンなり。

一緒に晩ご飯を作る事になり、
パスタやらセコンドやらの材料を買ってきました。



ローマで作るカチョエペペのサルティンボッカ

けっこう緊張します。



ピアノ奏者の彼女と、指揮者の彼氏。(身長2M)

お似合いですね。とても仲が良いのであった。

ちなみにサイトもあり。
http://naomifujiya.web.fc2.com/index.html



デザートにバーチがあると。

あぁ・・あのひとくちサイズのチョコレートね。




   って、デカいやんか!










イタリアで暮らすという事は、

こういう時間に身を奥という事なんだなぁ・・・


自分の今の生活とは、まるで逆じゃないのか・・・・?


うらやましさと、焦りが生まれる。



帰りのメトロのホームで、

何となく真ん中のアホ面のオッサンに怒りをおぼえて撮影。


翌日は今回のイタリア最期の日。

次はいつ来れるのか?

次はどんな僕になって来るのだろうか?



 
100種類のパスタメニューはこちら!



| イタリア!イタリア! | comments(1) | - | posted by Cacio e pepe -
ローマでマイミクさんと晩ご飯〜第一夜 12:53
ミクシィつながりの現地日本人女性と晩ご飯を食べにいくことに。

実はミラノにいた時にも結局あえずじまいだったから、
ミクシィ上ではもう2年ほどもやり取りしてたって事ですね。

メトロで待ち合せ。

想像よりも小柄で、元気のよい方でしたよ〜。




パタータのフリット。

いわゆるポテチに見えますが、

食感が全然違う! うまい!



たしかアラブ風の・・・揚げ物。
中身なんだったっけか?



ピスタチオ・・・?なにかナッツ系の素材だったような?




スップリ。

絵的には笑えるほどシンプル



チーズ、トマトソースが入ってます。

イタリア米、日本のように炊く訳じゃないでしょうが、

よくこんなにうまく丸くできるなぁ・・・・



ピッツアはスーペルマルゲリータ。

さすがはイタリア。チーズが違う。

そしておどろくほど焦げている

日本だったら、

『これ、焦げすぎてるけど、責任者呼んでよ。』

ってなことになるんでしょうが・・ここはイタリア


『じゃ、そこだけ食べなきゃ良いじゃない?』

うん、正論だな。


日本人はとても気配り人種。

そして、気配りしない人は許さない。

日本人の『気配り』とは『優しさ』というよりも、

『体裁』に近いのかな。

『恥』の文化ともいいますからね。



ボスカイオーラ。フンギとサルシッチャ。



うん、おいしそうです。

お腹がすいてきたよ〜



 
100種類のパスタメニューはこちら!



| イタリア!イタリア! | comments(0) | - | posted by Cacio e pepe -
ローマの午後 11:11
 夕暮れ時なのにまだ空が鮮やかなアズーロ。

ふと気付けば、そんなところにも日本との違いを発見できる。




太陽光線自体は西陽なのに、空は青い。



石畳とハト。



ワイヤーアーティストのおじさん。

僕がオーダーしてる間に次々に他のお客さんがやってきたので、

あわててやっつけ仕事を始めた様子。



ピアノピアノ・・・

(ゆっくりゆっくり)

おじさん苦笑い。

ふたつも作った割にはどちらも紛失した




噴水に映る空の青さ。

夕方ですよ! 不思議な感覚です。



朝夕はコントラストが強いスペイン階段。

スペイン大使館がすぐ横なので通称スペイン広場

この階段はスペイン階段と呼ばれますが、

上に見えてるのはトリニタデイモンティ教会って建物です。




新年早々だったせいか、クリスマスに付けられたと思われるリースが

遥か上空の像にかかってました。



これまたガッツリ日陰のトレヴィの泉。

ローマ、古い街だけに道が狭く、朝や夕方は日陰になってしまう建物が多いんです。





コインを後ろ向きに投げると叶う願い。


コイン1枚だとまたローマに戻れる。

2枚なら、大切な人とまたローマに戻れる。

3枚は、今一緒にいるやつとはもうローマに来なくて済む。


僕は何枚投げたっけ・・・

二枚投げてもやってもよかったかな。



このコインは半分がカトリック系チャリティ団体に寄付される。

半分ってとこが、イタリア的だな


100種類のパスタメニューはこちら!




| イタリア!イタリア! | comments(0) | - | posted by Cacio e pepe -
晴れた!撮影再開! 11:18
 曇りと雨を繰り返していた今回のローマ行き。

やっと朝から晴れたので、ブラブラと撮影に出る。




アルジェンティーナからヴァチカン方向に行く途中に撮った、バス停の公共広告。

最初は、赤ちゃんの画像がかわいいなと思い撮ったのだが、

その内容はなかなか・・・

イタリア人の愛情の深さが伺い知れるようなキャッチコピーだと思う。




サンタンジェロ城にて。



イタリアの空の青さには、行くたびに驚かされる。



ベルニーニ作の天使の像。

曇りの日にも撮影したけど、やはり晴れの方がいいね。

なんとも美しい。



ヴァチカンからサンタンジェロ城につながる通路があるそうだ。

サンタンジェロ城、要塞ですもんね。

ローマ教皇が戦争中に逃げ込んでいた。



橋を渡り、北に向かう川沿いの道から撮影。

すすけたような古ーい建物ですが、何かの学校。




午後のナヴォーナ広場。

観光の馬車。



カフェにて。



やっぱりこんなカフェでゆっくりするのが贅沢な時間。


日本人は働き過ぎか・・・


その通りだな・・と思えるひとときだ。


100種類のパスタメニューはこちら!






| イタリア!イタリア! | comments(0) | - | posted by Cacio e pepe -
アルジェンティーナでお昼ご飯 13:01
 さて、ブラブラ歩いてホテルの近く、アルジェンティーナに戻ってきた。

カジュアルなInsalata Ricca に行く。




これがインサラータリッカ。リッチなサラダ。

チーズやマッシュルーム、コーンなどが入って、ちょっとアメリカンな感じ。




本当に、心からまずいと思うイタリアのパン。

九州人の味覚からすると、この塩辛く、甘みがまったくないパンは、
酵母の匂いもキツくておいしく感じないんだな。

今度イタリアに行く時には絶対バゲット持参するよ。




アマトリチャーナ。

既製品の粉チーズを使ってますな。さすがカジュアル。



ポルペット。
鶏肉のハンバーグ、白ワインソース。

アルコールがきちんと飛ばされた無いのか・・・

酒の味。酔いそうだよ〜




スップリ。

ライスコロッケですな。

ここのは小さい。
他所は大体こぶし大くらいあるもんねぇ。


オイルやチーズがきついせいか、パスタの腹持ちの良さか、

このくらいのプランツォを取ると、


晩ご飯、入りません


いろいろ食べ歩きに来てる僕としては

なんともくやしいところです。


100種類のパスタメニューはこちら!





| イタリア!イタリア! | comments(0) | - | posted by Cacio e pepe -
活き活き市場 11:07
 

カンポデイフィオーリへ。

朝から活気に溢れています。



年期を感じさせる看板。

それにしても、この手作り感、

イタリア的だなぁ・・・。



おお・・・かわいいねぇ・・・

露店で安く売っていても、デザインも素材もなかなか良い。



おみやげの定番。ベネチアングラスのペンダント。

パターンがたくさんあるので、ついつい沢山買ってしまう。



すぐそばには、野菜や肉、パスタなどの店も。







なんともあざやかでみずみずしい。

これらの写真は今回の旅の中でもお気に入りの写真だ。



都会は、消費する場所。

消費とは、次々に死ぬこと。

田舎は、生まれる場所。

生まれるとは、また新しい命に出会えるということ。

ローマの市場の、みずみずしい空気や

いろんな匂いの混沌。

僕はそう感じたのです。

イタリアは、決して先進国というわけではない。

日本人から見ると、懐かしささえ感じる、

コミュニケーションが残るところ。


僕がイタリアに惹かれるのはそんな理由もあるのかも。




名物、スパイス屋台。



このオジさんも、いつ合っても元気です。

ピアスの数が増えてましたが。

ドライフルーツのを売ってましたが

KACHIは日本語だと教えてやったら、

『KACHIはイタリアが原産だから日本人が持ち帰ったに違いない』

反論しやがったよ・・・

うん、

イタリア人だね。


100種類のパスタメニューはこちら!





| イタリア!イタリア! | comments(0) | - | posted by Cacio e pepe -
朝からコロッセオ方向に 11:47


まだカフェもオープンしてない時間からブラブラと。

ナツィオナーレ通りからコロッセオに向かって入る道。

細い道で、華やかさはないけど、

なかなか面白いものにも出会える通りだ。



噴水の彫刻は、なんで人の顔が多いんだろ?

必ず口から吐いてるし



ハトも撮ってみた。



こんな細い通りにも信仰の様子が見られます。




さて、コロッセオそばには撮影用の馬車やグラディエイターがたくさん。





ブルースリーが死闘を演じた事でも有名なコロッセだ。

空のブルーとのコントラストがすばらしい。

あ、ブルーじゃなくてアッズーロだったか。




平和の門でも一枚。

うん、早朝は光が偏ってるから、撮りたい部分が影になる事が多い。




少しアールデコを思わせる造形だな〜

鹿児島の山形屋百貨店に雰囲気が似てるわ。




V・M・2

この近辺、建築物が大きすぎて、全然写真におさまんない。


思い切った望遠で、細部を撮ってみる事に。




おお、

凄い迫力だ。

肉眼ではここまで確認できない。

これは面白いね。

というか、イタリア人スゴイ。

あんな高いとこにこんなの作っちゃうんだから。




よその国からイタリアに来た人たちは、
対して日本人と行動が変わらないね。

観光バスから撮影する人

を、撮影。


100種類のパスタメニューはこちら!





| イタリア!イタリア! | comments(0) | - | posted by Cacio e pepe -
夜のナヴォーナ 09:55
 夜のナヴォーナ広場付近は、

僕がイタリアで最も好きな場所だと言っても良い。




中央にあるネプチューンの噴水

いままでろくでもないカメラしか持っていってなかったが、

今回はバッチリでした。

とてもロマンチックな場所です。



ひとりじゃなければ。


さて、FARMACIAとPALAZZO MADAMAの間の道を抜けてパンテオンへ。



Via del salvatore だったっけ・・・?

こういう狭い道にもちょっと面白いショップやショーウィンドウがあるのが
ローマの良いところ。




パンテオン。

よくコロッセオと間違えてる日本人を見かける。

『ここで昔は猛獣と人間が戦ったんだよ。』

とか子供に説明してるお父さんとか・・・。


え〜


世界最古のドーム型の天井。

ラファエロのお墓や、

ピッツアでおなじみのマルゲリータ女王のお墓があります。




む〜

すばらしい。

近くから見れば『絵』なのに、

引きで見るとなんと『写実』なのか・・・。

ここも暗くていつも写真が撮れなかったところ。




美しい造形で、よくお土産のカードやカレンダーになっているマリア像。

本当に美しいですね。

心が洗われるようです。


100種類のパスタメニューはこちら!




| イタリア!イタリア! | comments(0) | - | posted by Cacio e pepe -
見上げるイタリア 15:32
 ホテルの近くは入り組んだ細い道。

ふと見上げれば、いたるところが素晴らしい建築なのです。



なんの建物だろうか・・・?

この人は誰・・・? 

リンカーン・・・じゃないよな。


生憎の曇り空

写真日和じゃないのでまいったなと思いつつも、

ぶらぶらとヴァチカンまで。







新年はまだクリスマスの装飾なんかが残っています。

そもそも、12/25にあたふたと片付けてしまうのは

日本くらいでしょう。 正月の準備が有るしね。



実はこんなに巨大なツリー

小さく見えますが、メッキボールも巨大

イタリア、巨大なものが多いので、

ファインダーに納めてしまおうとすれば、
遠景の迫力のない写真になってしまいます。



至る所に彫刻あり。

この照明器具もかわいらしく見えますが、巨大。



さて、そのままバチカンから川まで歩いて出ると、
そこには

サンタンジェロ城。

大天使ミカエルが現れたと言うところ。





夕暮れの空。

橋の上の天使たちの像を見ながら歩く。


なんだろうか、この気持ち・・・。


この天使たちは、もう何百年も、沢山の人間たちを眺めていながら、

誰と会話をすることもできずに、

これからも永遠にひとりぼっちなのだろうか。


まるで、何かの業を背負わされているかのように、

大きなクロスを抱いた天使の像の下で、僕は立ち止まり、


しばらく、動けずにいたんです。


100種類のパスタメニューはこちら!





| イタリア!イタリア! | comments(0) | - | posted by Cacio e pepe -
朝市、そしてプランツォ。 21:33
 さて、カンポデイフィオーリの朝市に。



プリプリなペペロンチーニ

フルーツ類は日本のようにワックスでピカピカにはなってません。



これはシチリアのパキーノというプチトマト。

ドライトマトの瓶詰めが売ってますが、おいしい。

奥の品種に比べると、値段が倍くらいするブランド品。

まぁ、それでもめちゃくちゃ安いけど。


市場をぶらぶらしても、結局生鮮物はほとんど買えない。

自炊設備がホテルにはないもんで。

ホテルのすぐそばにある食堂に行く。




『セルジオの店』というところ。

他に窓がないので様子が解らなかったのですが、

お昼になると地元のファミッリアがゾロゾロと入っていくので、

僕も行ってみる事に。






ベタですがカルボナーラ。

ちょっと卵が固まり過ぎでは・・・・?

ペコリーノチーズたっぷり。塩辛い。

これぞローマ料理!

日本人の胃には明らかに重い。

夜ご飯とか入りませんもんね。




イタリアにいくと必ずガッサータを飲んでいます。

炭酸水ですね。

メッツアーックア ガッサータ!

500CCの炭酸水が来ます。

料理はオリーヴオイルがきついので、炭酸水がさっぱりして良い。




サルシッチャを頼んじまったら、塩辛すぎてビッラもオーダー。

すごくコゲてる・・・うん、イタリアに来たな。

奥のは付け合わせ(コントルノ)に頼んだカルチョーフィ。

オイルに浸ってます。これまた塩辛い。



はい、ペローニ!

ナストロアッズーロもオシャレでいいけど、
食堂ではやはりペローニ。

あいかわらず、イタリアのパン、まずい・・・。

こんどはかならず日本からパン持ち込むぞ!



100種類のパスタメニューはこちら!







| イタリア!イタリア! | comments(0) | - | posted by Cacio e pepe -
| 1/3 | >>